WiMAX解説ブログ

【まとめ】WiMAX利用歴5年のゴリりんごが解説します

WiMAX

【まとめ】WiMAXプロバイダの初期費用を比較!

【まとめ】WiMAXプロバイダの初期費用を比較!

記事更新2022年6月

【 消費税の表示 】
消費税込みの総額表示が義務化されました。
このページの料金は「税込」で表示しています。

 

ゴリりんご
WiMAXの「初回のお支払い」について解説します。(5G通信サービス)

 

WiMAXの初期費用とは

WiMAX の初回のお支払いは、主に「WIMAX端末代金・事務手数料・その他費用」の3種類の内訳で構成されています。

WiMAXの初期費用

  • WiMAX端末代金
    WiMAX端末(WiMAXルーター)の代金のこと
  • 事務手数料( 登録料・申込手数料 )
    お申込み手続きに関する手数料・インターネット回線登録料のこと
  • その他費用
    お申込み手続き等に関する費用のこと
WiMAX
端末代金
事務手数料
(登録料)
(申込手数料)
その他
費用
0円

21,912円
(税込)
3,300円
(税込)
一部の
プロバイダのみ
必要

※ このページ後半で、各プロバイダの初期費用  をまとめています。

 

ゴリりんご
これから詳しく解説します。

 

WiMAX端末代金

WiMAXの初期費用(初回のお支払い)には、「WiMAX端末代金」が含まれます。

WiMAX端末代金は、各プロバイダごとに異なります。

 WiMAX端末代金 (5G通信) 

WiMAX端末 WiMAX端末代金
WiMAX+5G(5G通信)
Speed Wi-Fi 5G X11/Speed Wi-Fi HOME 5G L12
0円 または
21,912円 ~ 21,780円 ほど
WiMAXプロバイダ WiMAX端末代金
GMOとくとくBB 0円
Broad WiMAX 21,780円(税込)
BIGLOBE 21,912円(税込)
UQ WiMAX 21,780円(税込)

WiMAXプロバイダごとに、WiMAX端末代金が異なりますが、WiMAXプロバイダにラインナップされているWiMAX端末機種は同一価格です。(モバイルルーター・ホームルーター すべての機種が同一価格です)

【WiMAX+5G】モバイルルーター端末代金が無料のプロバイダ
【WiMAX+5G】ホームルーター端末代金が無料のプロバイダ

 

 

事務手数料

 WIMAX の事務手数料 

事務手数料

WiMAXの事務手数料(登録料・申込手数料)

→ お申込み手続きに関する手数料・インターネット回線登録料のこと

「事務手数料」にあたる料金は、どのプロバイダでお申し込みしても、一律 3,300円(税込)の料金が発生します。

 

 事務手数料 (登録料・申込手数料) 

WiMAXプロバイダ
事務手数料
金額
GMOとくとくBB
事務手数料
3,300円(税込)
Broad WiMAX
事務手数料
3,300円(税込)
BIGLOBE WiMAX
申込手数料
3,300円(税込)
UQ WiMAX
登録料
3,300円(税込)

【 事務手数料 】にあたる名称はプロバイダごとに異なります。プロバイダによって【 登録料 】や【 申込手数料 】などの名称で取り扱われています。

 

 

その他費用

 Broad WIMAX の初期費用 

初期費用

Broad WiMAXの「初期費用」

→ インターネット回線を開通させるために要する費用のこと

WiMAXプロバイダの「Broad WiMAX」へのお申込みする場合は、インターネット回線を開通させるために要する費用として「初期費用:20,743円(税込)」が発生します。一定の条件を満たした場合は 初期費用 0円 です。

 

 

Broad WiMAX の場合

 

「Broad WiMAX」へのお申込みは、通常、初期費用 20,743円 が発生します。ただし、お支払い方法など一定の条件を満たした場合、初期費用 0円 となります。

 

※ Broad WiMAX の初期費用:インターネット回線を開通させるために要する費用

 

WiMAXプロバイダ
( Broad WiMAX )
その他手数料
Broad WiMAX
Broad WiMAX+5G(ギガ放題プラス) 
0円 または 20,743円

 

初期費用 税込20,743円 が 0円 になる
【 Web割キャンペーン 】

 

下記の適用条件4つすべて該当すると、
Web割キャンペーンが適用されます。

 

初期費用0円のWEB割キャンペーン

Web割キャンペーン適用条件 解説
Web申し込み Webフォームからお申し込みする
月額最安プラン 料金プラン「月額最安プラン」を選択する
【 指定オプションサービス 】に加入 「安心サポートプラス」「MY Broadサポート」両方に加入する 
クレジットカード払い お支払い方法「クレジットカード払い」を選択 する

 

Broad WIMAX の公式ホームページにアクセスする

 

「月額割安プラン」にお申し込みする

  • ギガ放題プラスDX(3年)プラン
  • ギガ放題プラス(2年)プラン
  • ギガ放題プラン

「指定オプションサービス」に加入する

  • 安心サポートプラス
  • MY Broad サポート

お支払い方法を「クレジットカード払い」にする

 

お申込み後(WIMAX端末到着後)スグに「指定オプションサービス」を解約しても Web割キャンペーンは適用されます ('ω')!

 

 

ゴリりんご
Broad WIMAX は、【 Web割キャンペーン 】適用でのお申込みがおすすめです。

【 Web割キャンペーン 】適用されないと、ほかのプロバイダより割高な料金になってしまいます…。

 

 

WiMAXプロバイダの初期費用を比較

WiMAXプロバイダごとの初期費用(WiMAX端末代金・事務手数料・その他費用)の比較です。

WiMAXの初期費用

WiMAXプロバイダ WiMAX
端末代金
事務手数料
(登録料)
(申込手数料)
その他
費用
GMOとくとくBB 0円 3,300円
BroadWiMAX 21,780円 3,300円 0円 または 20,743円
BIGLOBE WiMAX +5G 21,912円 3,300円
UQ WiMAX 21,780円 3,300円

※ WiMAX端末代金は「分割払い」できます。

 

 WiMAX端末代金は「分割払い」できます 

WiMAX端末代金のお支払い方法は「一括払い」または「分割払い」のいづれかを選択できます。

  • WiMAX端末代金 21,780円(税込)の「分割払い」
    ▶ (例)毎月 605円 × 36回払い
  • WiMAX端末代金 21,912円(税込)の「分割払い」
    ▶ (例)毎月 913円 × 24回払い

WiMAX端末代金を「分割払い」にすると、初回のお支払い金額が安く、大きな出費なしで、WiMAXサービスを開始することができます。

 

WiMAXプロバイダごとに、初期費用の取扱いが異なります。

下記ページで解説しています ('ω')
▼▼▼

 

 

ゴリりんご
初期費用について詳しく知りたい人は、上記のリンク先ページをどうぞご覧ください。

 

まとめ

WiMAXの初期費用は、「WiMAX端末代金」が高額でおおきな割合を占めているため、これからWiMAXサービスを利用したい人にとって大きな負担となってしまいます…。

しかしながら、

「WiMAX端末代金」は「分割払い」が可能です。WiMAXサービスを始めるにあたって初期費用を安くしたい人は、WiMAX端末代金の「分割払い」がおすすめです。

 

ゴリりんご
WiMAX端末代金の「分割払い」でも負担が大きいと感じる場合は、

WiMAX端末を 0円(無料)で購入できるプロバイダでのお申込みがおすすめです。

 

 

WiMAX解説ブログ

タグ

カテゴリー

-WiMAX
-

Copyright© WiMAX解説ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.